美容整形の受付の求人に応募してやりがいのある仕事に出会う

公私ともに充実した毎日を過ごせている

すると、そこまでの思いがあるのなら採用を前向きに考えたいという旨の言葉を頂き、あとは連絡を待つことになりました。
もしもここでダメだったら他の道を考えようというほど覚悟を決めており、学歴も免許も無い自分には医療に関する仕事を目指すのは最初で最後だと考えていました。
そうは言ってもドキドキして落ち着かない毎日が続き、勉強も遊びも集中できずに、友人と会った時も何か考え事をしているのかと言われてしまったほどでした。
数日後、求人情報サイトを通じて連絡が着て採用が決まったという通知があり、とても嬉しい気持ちになりました。
これまでは医科大学に通ったわけでもなく、資格も取得していない自分が医療に関与する仕事に従事できるとは夢にも思っていませんでした。
今では様々なコンプレックスを抱いて通院してくる患者さんに対して丁寧に対応して、適切な治療へと繋ぐためのお手伝いができていることを実感しました。
最初は沈みがちな表情で来院した患者さんも、施術を受けることでコンプレックスが解消されてお礼を言って帰っていく姿を見ては、その人の人生にほんの僅かな要素とは言え貢献できたという大きなやりがいを感じています。
かつて描いていた医療従事者とは少し違いますが、自分の身の丈に合った能力を活かしながら役割を全うできることは幸せなことです。
職場の雰囲気も大変よく毎日楽しく通勤して、プライベートでも食事に行ったり遊びに行ったりする同僚とも出会えました。
このような公私ともに充実した毎日を過ごせているのも、美容整形受付という仕事も存在していることや、自分に向いている可能性があるとすすめてくれた求人情報サイトの担当者のおかげで、感謝してもしきれません。

いつか自分も人に役立つ仕事をしてみたいと何となくイメージしていました求人情報サイトの適正テストで受付の仕事に向いていることも判明公私ともに充実した毎日を過ごせている